nadazrich ”N.A.D.A.Z.R.I.C.H.”

「何も無いところからやっていく!!」 Back To The 90’s Hip Hop「nadazrich」始動!フィンガードラマー・サンプラー奏者Teezvaが2011年、完全限定12インチプレスでリリースしたEP 「Local Emotion」から派生したグループ「nadazrich」による名刺代わりの初音源!!

01. N.A.D.A.Z.R.I.C.H
02. Good Day Bad Day
03. KEEP ON
04. LORD TO BOOTH 2012
05. N.A.D.A.Z.R.I.C.H (inst)
06. Good Day Bad Day (inst)
07. KEEP ON (inst)
08. ROAD TO BOOTH 2012 (inst)
09. N.A.D.A.Z.R.I.C.H (アカペラ)
10. Good Day Bad Day (アカペラ)
11. KEEP ON (アカペラ)
12. LORD TO BOOTH 2012 (アカペラ)

[nadazrich プロフィール]
フィンガードラマー・サンプラー奏者Teezvaが2011年、完全限定12インチプレスでリリースしたEP「Local Emotion」から派生したグループ「nadazrich」茨城県は古河市をレペゼンするMCのSpickとMacchan、ターンテーブリストのDJ Yuichi、そしてTeezvaの4人が織り成すライブチックなトラックとスクラッチに2MCの掛け合いが栄える#1 「N.A.D.A.Z.R.I.C.H.」対照的にBack to The mid 90’sなメロウトラックに日常に対しての前向きなリリックを乗せた#2「Good Day Bad Day」疾走感溢れるギターベースが心地良い#3「Keep On」そして完全オリジナルな視点でHIP HOPへの熱い思いを伝える#4「Road To Booth 2012」さらにインスト、アカペラを含めた全12トラック収録!!

[TEEZVA プロフィール]
フィンガードラマー、TEEZVA。ライブならではのスピード感と即興性を取り入れたステージは初めて体感する者に衝撃を与える。その独特の手法から、 自身がライブで使用するソフトウェア「Ableton live」でのデモンストレーションにブッキングされるなど、多方面で活躍をしている。2005年、マイアミアンダーグラウンドを代表するレーベル 「AREPAZ」そして、「MERCK」JapanTourでのパフォーマンス、2007年、「Rebel Clique(Fat Jon&Amleset Solomon)」との共演、 2008年、LA発のトラックメーカー「Edit」のJapan Tourに2011年、LORD FINESSE Japan Tourにブッキングされるなどワールドワイドに場数と共に着々と実力を付けてきた。音楽制作以外に日本が世界に誇るDJ機器メーカー、VESTAX社の 機材開発に携り、パッドコントローラー『PAD ONE』の制作、PV、営業促進なども関わっている。楽曲のミックスダウン、マスタリング等のエンジニアとしても活動中。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>